ブログ

日々の大美和青年会の活動を日記形式で報告していきます。

ブログ一覧

ファミリー会

ファミリー会 3月19日(日) 大神青年会のファミリー会が行われました!

ファミリー会とは会員と会員の家族、友人と日帰りで旅行し、交流を深める一大イベントです(^ω^)

今回は京都に行ってまいりました! まずは観光で人気の高いトロッコ列車に乗りました。亀岡から嵯峨野まで電車にゆられながら、保津川や美しい路線の風景を満喫いたしました。

次に京都駅近くの新都ホテルのビュッフェランチをいただきました。目の前でステーキを焼いてくれたり、種類豊富なスイーツがあったりと普段味わえないようなリッチで大満足な時間でした(o^^o)

さらに、大人も子どもも楽しめる鉄道博物館へ行ってきました! 今回父と一緒に参加させていただきましたが、父は誰よりも喜んで、童心に帰ってとても活き活きと見学していました。

成人してから、ゆっくりと話す機会が少なくなっていたので、今回のファミリー会を通して、親孝行ができたことがとても嬉しく思いました。

素晴らしい1日をありがとうございました!

広報委員会 H・C

2017年03月22日

繞道祭

大神神社一年の最初の祭典である繞道祭(にょうどうさい)が元旦午前1時より行われました。
この繞道祭に用いられる御神火は、これより先、新年の始まりの午前零時を期して、拝殿の東方、禁足地となる三ツ鳥居奥で切り出されて、拝殿両側の燈籠に移し置かれます。
祭典では宮司祝詞奏上の後、「ご神火」が拝殿中央を駆け抜け、斎庭にて大松明に火が継がれます。
先入道・後入道と称する2本の大松明(長さ3m、直径30cm、重さ60kg)と、少し小さめの神饌松明の3本を青年会が担ぎ、山麓に鎮座する摂末社19社を巡拝します。
因みに「繞」とは、「めぐる」という意味です。
ご神火が斎庭の御神火拝戴所に移されると、待ち構えていた参拝者が、先を争って持参の火縄やカイロに火を移し取ります。
この御神火は、それぞれの家庭に持ち帰られ、神棚の御灯明や雑煮の種火に用いられ、一年間の無事息災が祈られます。

2017年02月24日

秋の大神祭 太鼓台ご奉仕

秋も深まり、稲の収穫も完了してきた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか? さて、10月23日、24日は秋の大神祭 太鼓台がおこなわれました(*´∀`) 今年は爽やかな秋晴れのもと、たくさんの方に参加いただけました! このお祭りは、 男女それぞれのお神輿を担ぎ、太鼓の音に合わせ、『ちゃー そーれ!』とかけ声をかけながら、三輪の町を練り歩きます。 今年の収穫に感謝し、お祝いをするお祭りです(*´∀`) また、参加された方をはじめ、家族や地域の方々が益々弥栄えていきますように、と思いを込めて神輿を担ぐことで、人と人の繋がりや、神様と人との繋がりを感じさせられる気がします! こうして、普段の生活の中ではなかなか感じたり、体験できないことが体験できるのはとても素敵なことですね。 ご興味ある方は来年ぜひ一緒に活動しませんか?

 

 

2016年10月25日

和太鼓大美和活動報告

☆大美和青年会 和太鼓大美和活動報告☆

玉列神社『秋の例大祭』での奉納演奏に行って参りました!

毎年お呼びいただいておりますが、今年は天候にも恵まれ、清々しい秋晴れの中での演奏でした。

今年は新しい試みとして、琴と篠笛のコラボレーションも行いました。

一緒に歌ってくださる方や、手拍子してくださる方もいて皆さん楽しんで頂けたかと思います。

私たちの太鼓演奏の他、二胡の演奏やごくまき、子どもによるおみこしなども行われていて、とても活気のあるお祭りでした!

こういった伝統的なお祭りに太鼓を通して関われるのは嬉しいですね(*´∀`)

来年もよろしくお願いしますm(__)m

2016年10月24日

秋の講社崇敬会大祭バザー

9月24日25日秋の講社崇敬会バザー奉仕がありました。青年会はわんぱく広場と称し、スマートボールとわなげで子どもに楽しんでもらいます。また、振舞い酒の奉仕も致しました。 和太鼓大美和は祈祷殿前での奉納演奏、和太鼓大美和子ども会も一曲演奏しました。青年会の中から千本杵つき餅の奉仕にも参加しました。

2016年09月29日
» 続きを読む